スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MML講座④【MMLテクニック1】

2011/11/12 04:10
MML作成講座④MMLテクニック1
 【エコーをかける】

MMLだって色んなテクニックがあるんです。
テクニックって言うほどのもんじゃないかもしれませんけど、ただ音をまねて作譜するだけじゃ物足りない時とかにこれを使うと、凄く上手に作れた感がかもしだせたりしますw

「えむえる」があったころ、エコーがかかったMMLを時々見かけたりしませんでしたか?
そそ、音が反響してキレイに聞こえるあれです。どうやってやっているのかしら!?
今回はそのやり方についてお話をしていきたいと思います。

ちなみに、あくまでもSELA流です。もっといい方法があるよ!っていう方は教えてくださいw
んでは、MML作成講座④スタート!


とりあえず。
下のMMLをコピってまきまびしーくにインポートしてください。


(IE以外の方は上のテキストエリアを全コピー)

この曲が再生出来ればOK♪








このMMLはまだ何も施されていない、ただ耳コピしただけのノーマルな状態です。
あと、楽器は「ウクレレ」に合わせたほうが雰囲気がでます。

これをまずはアルペジオ風に響きを出してみたいと思います。アルペジオってなに?知らなくても大丈夫なので気になる人はとりあえずこれ聴いてググってください。









どうですか?違いがわかりましたか?
ちょっとメロディに深みが出てる気がしませんか?
まきまびしーくでみてみるとこんな風になってます。
ffpre2.jpg

こんな風にパートを1音ずつ交互に並べることで、音が重なる部分を生じさせ、ちょっとした響きを持たせることができます。また、曲によってはこの方法のほうが文字数節約にもなって一石二鳥になることもあります。

SELAの作ったMMLではアルベイダンジョンBGMやアルビダンジョンBGMに、こういう技法が使われています。

アルベイダンジョンBGM








アルビダンジョンBGM








っとまぁこんな感じです。似たようなメロディでも、アルペジオ風にしたのとしてないのを組み合わせると飽きのこない起伏に富んだ曲に仕上がります。




では今度はエコーをかけてみます。









さっきよりも音が反響して、ほんとにエコーがかかっているように聞こえませんか?
ちなみにまきまびしーくではこんな風になってます。
ffpre3.jpg

そう、最初のパート(ここではメロディ)をコピーして、それを遅らせるようにずらして別パートで貼りつけてるだけです。貼りつけたほうは、音を小さくしてください。やまびこの原理ですね。
なにげに簡単でしょ?
ただし、メロディと和音1・2が同じ場所に重なってしまうと、音飛びしちゃうのでそこは調整してください。あと、アルペジオ風と違って文字数をふんだんに使いますので、曲は限られてくるかもしれませんね。

こういった技法はフルートにも効果的です。例えばこれ。







ん、聴いたことある感じですか?w
フルートだと透き通った音になってキレイですよね。




さて、ではこの2つの技法を同時に組み合わせて使うとどうなるか、やってみましょう。
アルペジオ+エコーです。









この曲だとこういったテクニックがとても映えてきますね。
ちなみにまきまびしーくでみるとこんな感じです。ちょっと複雑になってきましたねw

ffpre4.jpg


MMLはこちら↓

(IE以外の方は上のテキストエリアを全コピー)


自分で言うのもなんですが、音に深みと奥行きを持たせるテクニック、いかがでしたか?w
MMLをつくってて、文字数に余裕があるなら試してみるのもアリかと思います。

MMLテクニックはこれだけではありません。でも、今回はここまで。
次はまた違うテクニックを紹介したいと思います。それまで、風邪引くなよっw(謎


最後まで見てくれたお礼に、この曲を贈りたいと思います。

曲名【おおぞらをとぶ】 
出典【ドラゴンクエスト】 
作曲必須ランク【5】 適正楽器【マンドリン】

試聴↓








マビノギで楽譜に書きこむには、上のテキストエリア内を全てコピーし、作曲スキル→「クリップボードからコピー」でできます。(IEのブラウザの方は「MMLをコピー」ボタンを押すだけでコピーできます)


それでは今日はこの辺で。次回もお楽しみに。
関連記事



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。