スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MML講座②【耳コピしよう】

2011/10/20 05:12
MML作成講座②耳コピしよう1
 【単音の聴き取り】

えっ!?
基本の次にもう耳コピ!?

耳コピの前にもっとこう・・・小節とか拍子とかテンポとか・・・そういうステップがあるんじゃないの?

確かに、それも大事なことです。

ただ今回は耳コピ!といっても、それがすぐできるようになるわけではありません。そうですね、MMLを作っている雰囲気に「なじむ」・・・程度に思ってくれたらいいかと思います。マビノギで言う、作曲ランク「練習」→「F」ランクくらいの感覚でw

MMLにしたい曲の楽譜やらスコア本を持っているならそれを書き写せば話は早いんですけどね・・・
そういうのって、ネットで探してもそうそう落ちているものじゃありませんよね?
それに、耳コピのほうが実際スコア(譜面)を見ながら作るより楽だったりします。

そして何より、耳コピが出来るようにならなければ、何も始まらないですよね。

というわけで、今回は音の聴き取りの仕方について学んでいきたいと思います。

さて、耳コピと聴くと、音感のある人にしか出来ないと思われがちですが・・・

「へぇ~耳コピできるって凄いですね!」
「私は絶対音感ないので無理!」

そんなだいそれたものではございません!(キッパリ

大好きな歌や、お気に入りの曲って、無意識に口ずさんだり、口笛吹いちゃったりしません?
それって、耳コピしちゃってるんですよ?

まぁ、多少音程がずれたり、音痴な場合えらいことになってたりするかもしれませんが・・・

気にすることはない!(キリッ

そのお気に入りの歌を、「まきまびしーく」で音合わせしてみてください。
makimabi1.jpg
と、口で言うのは簡単なので、とりあえず教材を用意しました。









はい、ビートルズで「Hey Jude」です。原曲をそのままここにアップするわけにもいきませんし、マビノギと同じ音を耳コピするほうがやりやすいと思います。

まずは今のフレーズを耳コピしてみてください。

コツとしては、一番最初の音。これをよく聞いてください。









最初の音、「C」ですね。

あ、Cっていうのは「ド」のことです。

小学校の時習った

 ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ



 C・D・E・F・G・A・B

と、同じです。MMLではこのアルファベット表記で音を認識させています。
もちろん、音楽における世間一般的に、こういうアルファベット表記はごく普通に使われるんですよ。

まきまびしーくでの場所でいうと、最初の音は、ここ。
makimabi2.jpg

最初の音が何なのか、どこなのかがわかると、次に続く音もどこにおいていけばいいかがわかりやすくなりますよね。

あとは、慣れないうちは何度も何度も繰り返しコピー元の曲を聴いてください。
一回聴いただけではそう簡単に耳コピできません。SELAもMMLを作る時は、コピー元の曲を穴が開くくらい何回も繰り返し聞いています。そうやって何度も聞きながら音取りをしています。

あきらめずに、聴き取れるまで聴き続けるのが耳コピをするための極意です。


MML作成講座②耳コピしよう2
 【和音の聴き取り】

次は「和音」の聴き取りをしてみましょう。
「単音」と違って、一度に複数の音が同時に鳴るのが「和音」です。

たとえば・・・

こんな音。








3つの音が同時になっているのがわかりましたか?

じゃぁ、次の和音。








さっきの和音と違って、ちょっと物悲しい哀愁漂う和音に聞こえませんか?
これも3つの音が同時に組み合わさって鳴っています。

次。








今のは「不安」とか「暗い」イメージの和音ですね。

次っ!








キャー><
あまり聴きたくない不協和音です。 ガーン. ( ̄□ ̄;)!! って感じですねw

こんな風に、単音とは違って和音は音の組み合わせ方によって、色んな表情を表現することができます。

そんなことより一度に3つも鳴っている音をどうやって聴き取るのか、そこが問題ですよね。
これは聴こうとする意思が無いと聞こえてきません。でもでも、おおざっぱに口で音程を表現することは出来ちゃいそうですよね。そうなんです、口で表現できる音は、和音の中に必ずはいってます。そう、それ以外の音を聞けばいいんです。

これも、何度も繰り返し聴くしかありません。音を聞き分けるトレーニングです。
聴き取れるまで聴くしかありません。そして、何度もやっているうちに聴き取れるまでの回数も減ってくることでしょう。すぐに、あっ、この音が聞こえた!ん?この音も鳴ってるな?ってなってくるはずです。

それでは次の3つの和音を聴き比べて見てください。

























どうですか?じつは全部、同じ和音なんです。ただ、ちょっとそれぞれの和音に細工してあるので、違う音に聞こえちゃったかもしれませんね。3つの和音を聞き分けるコツとしては「ジャーン」と鳴った、「鳴り始め」よりも
その後の「音の伸び」を注意して聴くといいかもです。

そうそう、いい忘れてましたが、当講座の音関係を聴くときはイヤホン推奨ですw
本当にちゃんと音を聴き取る気があるなら、イヤホンは必要不可欠ですよ。

さぁ、和音がちょっと聴けるようになったところで、さっきの「Hey Jude」に和音をつけてみたので聴いてみてください。









あえてこのMMLは中身を載せないのでこの耳コピにチャレンジしてみてください。
適当に和音をおいてもそれなりな曲になっちゃったりして面白いものですよ♪







ここまで見てくれたお礼に、SELAがアレンジした「Hey Jude」を送りたいと思います。









MMLはこちら。作曲スキル必須ランクは5です。



原曲を聴きたい方はこちらをどうぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=BD3ovfZXO5Q




今回の講座は、ここで終了です。次回もお楽しみに♪
関連記事



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。